ストレス改善や新たな自分を発見する無料正確診断

無料メールマガジン登録

読むだけで強運体質になるためのお役立ち情報をプレゼントしています。

強運の女神に愛される開運ナビゲーション

こころ・カウンセリングのブログ記事

『無意識さんに任せればうまくいく』大嶋信頼著/無意識を極めて無敵になる

2018年9月28日

今日は、ヒーリングを通じてご縁をいただいている方に、ヒーリングの相乗効果をあげる方法として、実践をおすすめしている内容をご紹介しますね。
 
それは、旦那さんのことが嫌いでうつ状態になっていた女性が、旦那さんの自慢話をするほど、関係性が好転する方法です:.。*.・゚
 
 

 
 
 
これは心理カウンセラーの大嶋信頼さんのご著書『無意識さんに任せればうまくいく』という本の中に書かれていたものです。
 

初めて読んだ時にとても感動して、早速息子に応用して実践したところ、すぐに変化が現れて、私も大いに手応えを感じました。
 
内容を抜粋してご紹介します:.。*.・゚
 

—————————— ☆ ————-
 

ある女性が、夫婦関係の問題でカウンセリングにやってこられた。
 
その女性は「なんで、こんな夫と結婚してしまったのだろう」と思い悩み、夜も眠れない状態になっていた。
 
 
夫は背が小さく、自分の悪趣味な洋服やアクセサリーにはお金をかけるくせに、生活費はケチって渡さないというのだ。
 
夫のなにもかもが嫌になってしまい、何もやる気がなくなってうつ状態に陥っている、ということだった。
 
 

 
 
 
そこで、私は“逆説”を使って、この夫のことを「ちんちくりん」と呼ぶことにした。
女性は「ちんちくりんの旦那」と聞いた時に大笑いしていた。
 

ちなみに、“逆説”とは、ミルトン・エリクソンが生み出したテクニックである。
 
私は、女性にとりあえず、ちんちくりんの旦那がいても、うつ状態から回復する方法があることを伝えた。
 
 
私はその方法を伝える時にこのうつ状態から回復する方法はとても強力だから、絶対に悪用しないでくださいね!と前置きをする。
 
女性は、その方法に興味津々になり、身を乗り出してきて聞く準備をした。
 
 
うつの原因になっている、ちんちくりんの気配を感じたら、「あなたって最近、素敵ね」とボソッと言ってその場から去ってください。
 
そして食事中に「あなたって最近センスがよくなってきたわね」とつぶやき、食事を続けてください。
 
さらに、夫が出かける時に「あなたって男らしいわね」と独り言のようにつぶやいてください。
 
ここで「あなた」と使っていますけど、それはちんちくりんのこととは限りません。だから“嘘”を言っているわけではありません、と伝えた。
 
 

 
 
 
女性はしばらくして、再びカウンセリングにきて「ちんちくりんの夫が変わってきたんです!」と言った。
 

私はそこで「まだまだ油断してはいけません。ちんちくりんのうつから、ちゃんと回復するまでは」と伝えた。
 

そして、ちんちくりんとすれ違った時に「あなたって最近かっこいいわよね」とつぶやき、ちんちくりんが新聞を読んでいる時に「あなたってすごいわよね」と独り言をつぶやきます、とさらに言葉を足していった。
 
 
その後、女性がカウンセリングにきた時に、女性はうれしそうに「夫の服のセンスが変わったんです!」と話しはじめた。
 
「ちんちくりんの旦那が変わったんですか?」と聞いてみると、女性は
 
「先生!私の旦那さんのことを“ちんちくりん”なんて呼ばないでください」と真剣な目つきで言った。
 
そして、女性は「私の旦那は素敵な人だってことがわかったんです」と嬉しそうな表情を浮かべて、旦那の自慢話をしてくださった。

 
 

 
 
—————————— ☆ ————-
 
 
 
概要を簡単に抜粋しましたが、これを読まれると“人は期待された通りに成果を出す傾向がある”というピグマリオン効果を狙っているのかな?と思われるかもしれません。
 

でも、もっと奥が深くて、実は奥さんの中にある意識=夫は醜いという自己暗示を打ち消す言葉をかけ続けることで、奥さんの意識が消えて、旦那さんが変わっていくのです。
 
 

私たちは日々接する人たちに対して、様々な判断をしています。

例えば「この人はルーズだ」と自分の“意識”が判断したならば、その意識と真逆の言葉を、あえて相手にかけてみるのです。
 
「○○さんはいつもきちんとされていますね」
 

“意識”では、もちろん違うと思っているけれど、その言葉をバリエーションを増やして伝えていけば、いつの間にか、ルーズだと思っていた人が時間を守るようになり、自分から動くようになる。
 
 

 
 
 

実は私が息子に対して、少々「だらしないな・・・」と思う部分があって、それがなかなか改善されず、どうしたらいいのだろう・・・?と考えていた時に、この本に出会って衝撃を受けました。
 

私が息子に対して「だらしない」と思うから、自分の“意識”が暗示を生み出し、その暗示によって息子がだらしなくなる・・・
 
つまり私の側にこそ問題があったのだ・・・と思わず反省させられました^^;
 
 
この方法を息子にひそかに試した時に、息子が徐々にかわりはじめ、その後驚くほど優しくなりました(息子の名誉のために言えば、もともとは優しい性格だったのです)
 

思えば、息子の成長と共に、この年齢ならばこれくらいのことはできて当然という自分の基準に照らして「だらしない」と判断していたことに気づきました。
 

後日、息子に「実はこの本を実践していたんだよ」と種明かしをしたのですが、息子がこの方法はすごくよかったとにこやかに話してくれました(笑)
 
 

ご夫婦や親子関係などに悩まれている方は、この本の257頁から271頁までがとくにお勧めです:.。*.・゚
 
この本は、お手元に置いておかれることをお勧めします(税別700円)
詳しく原理がわかるので、実践するモチベーションがあがります☆
 

この本を参考にされながら、自分の思い込み(=意識)を打ち消して、無意識の力に任せることで、本当に望む方向へと、むりなく自然に導かれ、【無敵】になっていただければと思います:.。*.・゚
 
 

 
 

 
 
 

○○○をして、アンドリュー・カーネギーは自殺を思いとどまった

2018年6月28日

人生には色々なことがありますから、どんなに順風満帆に歩んでいるように思える方でも、様々な問題や悩みがつきものです。
 
今日はアメリカの大実業家、アンドリュー・カーネギーさんが自殺を思いとどまったエピソードをご紹介しますね☆.:。.*・°
 
 

 
 
鉄鋼王として成功をとげて大富豪となったカーネギーさんに、次々と悩みが押し寄せ「もうダメだ、死ぬしかない・・・」と窮地に陥りました。
 

カーネギーが拳銃の入った引き出しを開くと、拳銃とともに便せんが入っていました。

彼はふと

自殺にまで自分を追い込んでいる悩みとは、いったいいくつあるのだろうか・・・」と思い、便せんを取り出すと、思い出すままに悩みを書き出しました。
 

「政治家から不当な圧力がかけられ、会社が存亡の危機に陥った」
「親戚がトラブルを起こしてしまった」
「妻から、一緒に食事をとらなければ離婚するわ、と言われた」
 
 

こうして実際に書き出してみると、70項目ほど書いたところで終わってしまいました。

悩みの数は500だろうか、1000だろうか・・・」と覚悟していましたが、驚くほど少なかったのです。
 
 

 
 
すべての悩みを書き切ったカーネギーは、その悩みを4つに分けていきます。
 
1.「明日、できること」
2.「来週なら着手できること」
3.「来月以降で間に合うもの」
4.「解決できないこと」

 

そして、4のメモはそのままくずかごに、残りの3つを机の引き出しにしまうと、奥さんと食事にでかけました。THE END☆.:。.*・°
 
 
***
 
 
世界一忙しい男と言われたカーネギーさんが、自殺を思い詰めた時の悩みは70項目ほど。
 
カーネギーは悩みを時系列に分類しましたが、「自分で解決できること、プロに相談したほうがよいもの、解決不可能なもの」という分類もいいですね
 
 
書くこと自体にも心を癒す作用があります
 
また悩みを書き出すと、自分から悩みを一度切り離して、客観的に問題を見つめ直すことができるのでいいですね。
 
 

 
 
 
スピリチュアルな視点からお話すると、私たちにもたらされる様々な悩みは、目に見えない要因が影響している場合も多々あります
 

とくに深くからまった因縁は、人の力だけでは解決がむずかしい場合が多く、私が2006年からヒーリングを学んでいる師は、神々との交信を通じて様々な問題解決法を降ろされています
 
その問題解決法の一つが、私がヒーリングの中で活用している【護摩木や護符】になります(有名な神社仏閣にある護摩木や護符とは全く別物になります)
 
 
私も目の病気によって岐路に立たされたときに、本当に運よく師にめぐりあい、見事に問題解決へと導かれました。
 
その時に、師が霊界との交信によって降ろされている護摩木や護符は、特別な天の仕組みがあるために、様々なご利益がいただけることを知りました。
 
護摩木・護符を活用した遠隔ヒーリングによって、因縁解消とご先祖さまのご供養も同時に行いますから、最高の運気好転法となります。
 
 
ご自身ではどうしても解決できないお悩みを抱えている場合は、ぜひご相談いただければ幸いです☆.:。.*・°

※『仕事・お金・人間関係 「あ~、困った!」と思ったら読む本』和田秀樹著参照
 
 

 
 
 

百発百中の問題解決法/斎藤一人さん

2018年5月29日

今日は 「銀座まるかん」の創業者であり、納税日本一の実業家として知られている斎藤一人さんのご著書から百発百中の問題解決法をご紹介しますね:.。*.・゚
 
生きている限り 誰もが必ず問題を抱えるものですが、一人さんがこの問題解決法に気づかれたのは最近になってからだそうで、「この方法はぜひ知っておいたほうがいい」とのことです♪
 
 

 
 
— ☆ —————————————-
 
悩みを相談されたら、まずそのまわりにいる数人の人に、
「この人(問題を解決したい人)に、この問題が一生起きない解決策は何ですか?」と聞いて、それぞれに答えてもらいます。
 
 
そして最後に、質問した人がこの質問に自分で答えます。
 
「もしあなたが、これと同じ悩みをだれかから相談されたら、この問題が一生起きない解決法はなんですか?」って聞くんです。
 
 
すると、たくさん出た意見の中でいちばんいい答えが、その人の答えとして出てきます。
 
いきなり最初から「自分で答えなさい」は無理なんです。
最後にその当人に答えさせるのが、この方法のポイント。
 
それと当人も“人ごと”だと思って答えないと、いい答えは出てきません。
 
※『地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ』参照
 
 

 
— ☆ —————————————-
 
 
 
 
興味深いですね:.。*.・゚
 
一人さんは、今までたくさんの人の相談を受けてきて、その人にとって一番いいと思う方法をアドバイスしてきたのですが、なかには解決しない人がいたそうです。
 
ところが、この方法は効果が絶大で、“百発百中”その人の問題を解決する答えが導き出されるそうです。
 
 

 
 
 
私はまだ、一人さん方式を忠実に実践したことはありませんが、確かに効果があるだろうなと思ったのは、私も今年似た経験をしたからです。
 
 
全国の仲間とインターネット上でつながることのできるアプリを使って、自分の仕事の問題点について、仲間どうしでお互いに率直な意見をかわす場に参加しました。
 
少人数の同じメンバーと、月に2回定期的に会って議論をするのですが、その時にキラリと光る“文殊(菩薩)の知恵”をいただけるのは、本当に楽しい体験でした。
 
 
また自分の慣れ親しんだ仕事ほど、客観視することがいかに難しいのか・・・ということが、みなさんの悩みを聞いてよくわかりました。
 
自分のことも、また自分の仕事のことも、客観的に見るには他の方の存在が必要なので、いつでもお仲間の意見を聞ける場を確保するために、そのコミュニティーには 今も継続して参加しています。
 
 

 
 
 
一人さんが紹介している“百発百中の問題解決法”は、相談した当人の問題解決になるだけではなく、一緒に相談に乗った人まで、魂的に成長するメリットがあるそうです:.。*.・゚
 
 
安全な場が確保された中で、参加者同士の力で問題解決できるような、そんなすてきなコミュニティーが今後増えていくといいですね:.。*.・゚
 
 

 
 
 

ストレスは人を成長させ、健康で幸せにする/『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』ケリー・マクゴニガル著

2017年11月28日

今日は、米スタンフォード大学の心理学者 ケリー・マクゴニガルさんのご著書『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』から、ストレスのすばらしい活用法をご紹介しますね.:。*.*・°
 
 

 
 
ケリー・マクゴニガルさんは以前、大学の授業やワークショップなどで「ストレスは有害なものだ」と教えていらっしゃいました。マクゴニガルさん自身も、心理学や医学の様々な研修で、それは疑いようのない事実と教えられてきたからです。
 
けれども、ストレスについて考え直すきっかけとなった驚くべき研究結果を知って、考え方が変わりました。その内容をご紹介しますね.:。*.*・°
 
 
・*・‥……‥・*・‥……‥・*・‥……‥・*・
 
【ストレスは健康に悪いと思うと死亡リスクが高まる】
 

私がストレスについて考え直すきっかけとなった驚くべき研究結果をご紹介しましょう。

1998年に、アメリカで3万人の成人を対象に行われた調査で、参加者に対して2つの質問が行われました。
 
「この1年でどれくらいのストレスを感じましたか」
「ストレスは健康に悪いと思いますか?」
 
 
8年後の追跡調査では、3万人の参加者のうち誰が亡くなったのかを、住民情報等によって調査しました。
 
まずは、悪いニュースからお伝えしましょう。
調査の結果、強度のストレスがある場合には、死亡リスクが43%も高まっていたことがわかりました
 
ただし、死亡リスクが高まったのは、強度のストレスを受けていた参加者の中でも「ストレスは健康に悪い」と考えていた人たちだけだったのです。
 
私はまさにこの点に注目しました。
 
 
強度のストレスを受けていた参加者の中でも「ストレスは健康に悪い」と思っていなかった人たちには、死亡リスクの上昇は見られませんでした。
 
それどころかこのグループは、参加者の中で最も死亡リスクが少なかったのです。ストレスがほとんどない人たちよりも死亡リスクが低かったのですから、驚きです。
 

研究者たちの結論は「人はストレスだけでは死なない」ということでした。
ストレスを受け、さらに「ストレスは健康に悪い」と考えていると、死亡リスクが高まるのです。
 
 

 
・*・‥……‥・*・‥……‥・*・‥……‥・*・
 
 
 
 
強いストレスがかかっても、「ストレスが健康に悪い」と考えない人の死亡率は最も低く、ストレスをほとんど感じていない人よりも、さらに死亡率が低かった・・・というのは驚きの結果ですね。
 
 
この研究結果を知ってから、ケリー・マクゴニガルさんは過去30年間の科学的研究や、調査の内容を詳しく調べて、それらを裏付ける具体的事例をたくさんご紹介くださっています。
 
やるべきことが多すぎると感じている人は多いと思います。けれども忙しい人のほうが幸せを感じているそうで、むしろ、ストレスの欠如は人を不幸にするそうです(退職後 急に暇になると、うつ病を発症するリスクが40%高まるというデータがあります)
 
働き盛りの年代であれば、ストレスを減らすこと自体が難しいことのほうが多いでしょう。けれども、ストレスに対する認識を変えれば、ストレスの量が減らなくてもかまわないというのは朗報です。
 

* * *

 
イリノイ・ベル電話会社で“従業員のストレスによる長期的な影響”を調べる研究が1975年にスタートしました。
 
6年後の1981年に、電気通信規制緩和法が連邦議会で可決され、業界全体が混乱に陥り、ベル電話会社では全従業員の半分を解雇する事態となりました。

 

 

残された従業員も未来への不安を抱え、仕事量も増える一方でプレッシャーに耐えきれず、うつ病になってしまう人もいました。
 
けれども、ストレスに負けずにがんばった従業員もいました。
彼らには際立った特徴が見られたそうです。その内容とは・・・
 

【ストレスは日常の一部であり、あらゆる点において快適で安全な暮らしなどあるはずもないし 望みもしない。むしろ、ストレスは成長するためのチャンスだ】と捉えていたのです。
 
 

 
 
この本は、心が抱える様々な課題のすばらしい処方箋となり得ます。
今まさにストレスを抱えて、にっちもさっちもいかない・・・と感じている方ほど、ご参考になる点が多い本だと思います☆.*・°
 
 

 
 
 

最も幸せな“上位10%”に入る人たちの特質を調べた研究結果とは?/ハーバードメン研究

2017年10月29日

今日は、私たちの人生においてとても役立つ研究結果を『幸福優位7つの法則』(ショーン・エイカー著)からご紹介しますね:.。*.・゚
 
私たちは誰しも幸せになりたいと願いますが、長年かけた膨大な研究の結果、私たちにとって最も必要なことは何かを教えてくれる貴重な内容です:.。*.・゚
 
 

 
 
・*・‥……‥・*・‥……‥・*・‥……‥・*・
 
最も長期にわたる心理学研究の一つにハーバードメン研究というのがある。
1930年の後半にハーバード大学に入学した268人の男子学生を、現在に至るまで追跡している研究である。
 
研究者たちは、この膨大なデータをもとに、最も幸せで豊かな暮らしをしている人と、一番成功しなかった人の違いをもたらす、生活環境と個人的資質を特定することに成功した
 
 
この研究を40年間指揮してきたのは心理学者ジョージ・バイヤン。

バイヤンはデータを詳細に分析しているが、彼の結論は
「70年間に及ぶ研究の結果、周囲の人との関係が、何にもまして重要であることが実証された」と書いている。

この研究は、他の研究者によって何度も再現されている。
 
 

 
 
 
また「非常に幸せな人々」という、そのものズバリのタイトルの研究がある。
これは、最も幸せな上位10%に入る人たちの特質を調べた研究である。
 
幸せな人たちというのはみな、温暖な気候の土地に住んでいるのだろうか、経済的に裕福なのだろうか、健康に恵まれているのだろうかということを調べた。
 
その結果、最も幸せな上位10%の人たちを、他の人たちから区別している特質はたった一つであるということがわかった。
 
それは「強固な人間関係」だった。
 
・*・‥……‥・*・‥……‥・*・‥……‥・*・
 
 
 
直感的に「人間関係が一番大事じゃないかな?」と思った方も多かったかもしれませんが、膨大な研究結果からもそれが証明されたとなると、とても説得力がありますね:.。*.・゚
 
著者のショーン・エイカー氏が行った、1600人のハーバードの学生を対象とした研究結果でも、同様の結果が示され、周囲からの支えがあるかないかが、幸福感に最も大きな関係があることがわかりました。
 
 
働きざかりの頃は、人間関係を丁寧につむぐ時間を捻出することさえ、大変に感じる時期もあると思います。

けれどもこの研究結果から、著者のショーン・エイカー氏は「私たちは生き残るためにも、もっと人間関係に投資しなさい」と、はっきりおっしゃっています。
 
 

 
 
 
シカゴ大学の心理学者 ジョン・カシオポは、30年以上にわたる研究の結果、社会的つながりの欠乏は、ある種の病気と同じ程度に、人の健康を破壊すると断言しているそうです。
 
周りとの良好なつながりができると、喜びを生じさせるホルモンのオキシトシンが血中に放出されて不安を鎮め、免疫システムを活性化するので、頭も体もよりよく働くようになるそうです。
 
 
また、お金を追いかけて必死にがんばりすぎて、人生が取り返しのつかないことになってしまった・・・という話を耳にすることもあります。
 
この書籍の中には 様々な研究結果を通じて、私たちが間違った方向に進むことを事前に食い止めてくれる、具体的な事例がふんだんに掲載されています。

まさに人生の良薬のような本ですね☆
 
私自身も、今後の人生についてのすばらしい示唆を与えてもらえたと思いました。
これからも人生の折々に、繰り返し読んでいこうと思います☆.:。.*・°
 
 

 
 
 

初めてお越しの方へ

お問い合わせ

ブログ:美保まりのスピリチュアルギフト

カテゴリ

アーカイブ

セッションメニュー

お得な割引システム

アフターフォロー制度

よくあるご質問Q&A

セラピスト紹介

体験談

料金表

お申し込み

お問い合わせ

無料メールマガジン

リンク

モバイルサイト

スピリチュアルライフ研究所

対応エリア

日本全国、また海外在住の日本人の方にもお送りしています(対面でのヒーリングと効果は全く変わりません)

  • 北海道
    札幌市 など
  • 東北
    青森県、岩手県、宮城県(仙台市 など)、秋田県、山形県、福島県
  • 関東
    茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県(さいたま市 など)、千葉県、東京都(板橋区、大田区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、世田谷区、豊島区、中野区、練馬区、港区、目黒区、 中央区、千代田区、文京区、台東区、墨田区、江東区、北区、荒川区、足立区、葛飾区 江戸川区 など)、神奈川県(川崎市、横浜市 など)
  • 北陸
    新潟県、富山県、石川県、福井県
  • 中部
    山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋市 など)、三重県
  • 近畿
    滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸市 など)、奈良県、和歌山県
  • 中国
    鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  • 四国
    徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • 九州
    福岡県(福岡市 など)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇市 など)

PayPal
ペイパル決済に対応

twitter

mixi

facebook

ヒーリング用語辞典

今日のマヤカレンダー

考え方セラピー

おすすめBook

   あなたの願望・お悩みを遠慮なくお伝えください。幸せな人生を送るお手伝いをさせていただきます。