ストレス改善や新たな自分を発見する無料正確診断

無料メールマガジン登録

読むだけで強運体質になるためのお役立ち情報をプレゼントしています。

強運の女神に愛される開運ナビゲーション

スピリチュアル・精神世界のブログ記事

【神社でお願いをしてはいけない本当の理由/ご利益(ごりやく)の仕組み】

2019年1月29日

今日は“神社でお願いをしてはいけない本当の理由”“神々からもたらされるご利益(ごりやく)の仕組み”について、師から教えてもらった内容をご紹介しますね:.。*.・゚
 
 

 
 
ヒーリングの師は霊格の高い神々と交信をされる方です。
 
師は、すべての根源である「魂の親神さま」が、霊の救いのための天命(天の命令)を宿している護摩木や護符を使って、長年大勢の方々を救ってこられた方です。
 

私は2006年にセラピストとして独立をしましたが、過労から、目がけいれんして半眼状態になる奇病にかかり、病院でもなかなかよくならず困り切っていました。

その時にある方から師をご紹介いただき、その後完治にいたりました。
 

師が長年にわたって人々のために東奔西走されてきたこと、霊界と交信された膨大な記録、師が起こす様々な奇跡を目の当たりにして「この方の教えは本物だ!」と心に響くものがありました。
 

そのため師から、刻々と移り変わる霊界の最新情報を学ぶようになり、私も師から学んだ護摩木や護符を使った運気好転法を、ヒーリングの中で活用してきました。
 
ただ護摩木や護符を使っていることは、10年以上たった2018年まで公開していませんでした。
 
 
体験談をご覧くださった方々から「私もレイキを学んだのですが、美保さんのヒーリングはなぜそんなに結果が出るのですか?」とよく不思議がられていました。
 
種あかしをすれば、「魂の親神さま」から直接おろされた護摩木や護符によって、依頼者の方が、たくさんの【ご利益(ごりやく)】を得ていたからなのです。

「ご利益」とは、生きている私たちが、この世で受ける神様や仏様からの恵みのことです。
 

私が使っている護摩木や護符は、大きな神社仏閣などにある護摩木・護符とは全く働きが違うため、これからお話する内容は、スピリチュアルライフ研究所で使う護符・護摩木によるご利益の話しになります:.。*.・゚
 
 

 
 
 

一般的な神頼みは、その人の持つ徳分が削られるので要注意!
 
様々な神社に参拝して神様にお願いごとをした場合、ご利益がいただける場合があります。

この時、気をつけなければいけないことがあります。
 

それは、私たちは生まれつき「福禄寿」とよばれる、ご先祖さまから受けついだ徳の貯金があります(“徳の袋”と表現されることもあります)
 
「福禄寿」とは、「福」が精神的な幸福、「禄」は物質的な幸福、「寿」は健康長寿の幸福。これらの3つの徳のことで、徳の大きさには個人差があり、目でみることはできません。
 
 
ある人が、神社に参拝して「金運がよくなりますように」と商売繁盛のお願いをします。
 
すると、霊神は祈願した人の徳の貯金である「福禄寿」と“等価交換”(価値の等しい物どうしを交換すること)によって、ご利益をもたらします。
 

どういうことかと言うと、例えば参拝者の「福禄寿」の“徳の袋”の中に、1000点分の徳分の貯金がはいっていたとします。

すると霊神は「あなたに財をもたらすかわりに、20点分の「寿」の徳分をもらいますね」と、参拝者の“徳の袋”から、そっと20点分の健康や寿命の徳分を持っていかれるわけです。
 
 
私は、はじめて師にこの話をお伺いした時に

「なんで徳の高い神様が、私たちの福禄寿を持っていかれるの???」と頭が混乱し、にわかには信じがたい気持ちでした。
 
なぜ霊神は、願いをかなえるために、私たちの幸せの根源である「福禄寿」を“等価交換”する必要があるのでしょうか?
 
 

 
 
 

神々が人々の福禄寿を“等価交換”する理由
 
私たち人間は、何度も転生をくり返す存在ですが、実は神社にいらっしゃる神々も、私たちと同様に霊性を磨く修行をされているので、転生をくり返されます。
 
神の位にいられるのは、最高でも500年。
(注釈:神々にも霊層があり、親神さまをはじめ、極楽といわれる高い霊層にいらっしゃる神々は転生をする必要はありません。)
 

神社にいらっしゃる神々は、一時的な神の位にいられる期間が終われば、また人間としてこの世に下生し、苦しい生活をしなければいけません。

神の世界はとても心地よい世界で、自由に空を飛び回り、思い通りの生活をすることができます。
 

500年の霊界での寿命が近づいてくると、霊神は、あとどれくらいすれば在天期間が終わり、人間として生まれ変わらなければいけないかがハッキリわかります。

そのため、なんとか自分の寿命を延ばそうとします。
 
けれども天律(天のさだめ)は厳しいですから、神々といえども勝手に寿命が延びることはありません。
 
 
この世は因果応報でなりたっていますから、原因をつくれば結果を得られます。

そのため、霊神は神社に参拝したの人々の願いをかなえることと引き換えに「福禄寿」をもらうことで自分の勢力を保ち、天に在籍できる期間を延ばしていらっしゃるのです。
 
神社の霊神が、このような形で参拝者の「福禄寿」持っていかれても、天律(天のさだめ)には全く違反となりません。
 
 
***
 
 
師からこのように教えていただきました。
 
✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
私たちが「神社でご利益が出たから、今度も助けてもらおう」と、自らの努力を忘れて欲がでてしまうと、願いが叶うほどに 徳の貯金がどんどん削られてゆき、身を滅ぼすことにつながります。
神社やお寺には「祈願」よりも「参拝」(神様へのご挨拶)を目的に足を運ぶようにしなさい。
✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
 

私も師の話を聞いてから、神社仏閣では神々のご繁栄をお祈りするだけにして、個人的なお願いをするのはやめました。
 
 

 
 
 

護摩木・護符は人も霊神も救われる本当にご利益をいただけます
 

では、福禄寿の交換をしなくても、ご利益をいただく方法があるのでしょうか?
 

師が親神さまとの交信の中で、天からの命(命令)による護摩木・護符が降ろされました。

この護摩木と護符に願いごとをかいて護摩祈祷をおこない、霊神が依頼者の願いをかなえると、そのごほうびとして、霊神は親神さまから【徳の配分】をいただくことができ、霊性の格もあがります。

ですから、霊神は私たちから「福禄寿」を搾取する必要はありません。
 

また、護摩木や護符によって霊のご供養ができ、因縁も浄化されるので、私たちの霊性も磨かれます。
 
つまり、天命(天の命令)の宿る護摩木と護符を使えば、霊神も人も共に成長して、人霊相互扶助の関係によって、一石三鳥ともいえるすばらしいご利益をいただけます☆.:。.*・°
 
 

 
 
 

願いが叶わないと感じる時にも、ちゃんとした理由がある
 

ヒーリングの中で使用する護摩木・護符によって、魔法のように願いが叶うのではないか!?と大きな期待を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

けれども、なかにはお時間のかかる方もいます。
 

私も過去に、自分の努力の範疇を超えた願いが3つあり、不思議なことに3つの願いがどれも1年ほどたった同時期に(しかも実現をあきらめかけた頃に)立て続けに叶う体験をしたことがありました。
 
師から「ご利益が出ないと感じる時にも、ちゃんとした理由があるんだよ」と教えてもらいました。
 

護摩木や護符によってはたらく霊神は、親神さまの絶対なる天命(天の命令)によって、悪いことをしないように厳しく管理されています。
 
例えば「お金がほしい」と願った人にたいして、霊神がすぐにお金の現世利益をあたえた場合、結果的にその人がなまけたり、心が欲にそまってしまうと、長い目で見ると逆効果になったり、悪い結末がもたらされます。

そうなった場合、それは霊神側の罪となります。
 

仮に護摩木や護符に他人をおとしいれたり、傷つけるような願いをかいたとしても、それは罪になるので願いが叶うことはありません。
 
ですから、ご利益が出ないと感じるときは、まだご利益が出るべき時期ではない、もっと長い目で見て自分が成長できるように見つめ直す時期なのだそうです:.。*.・゚
 
 

 
 
 

護摩木・護符によって「徳の貯金」がチャージされる
 

ではご利益がでなかったならば、せっかくヒーリングの中で護摩木や護符を使ったのに、すべて無駄になってしまうのでしょうか?

結論を申し上げると、決して無駄にはなりません。
 

ヒーリングの中では、様々な種類の護摩木や護符をつかいます。

護摩木や護符をつかうことで、多くのご先祖さまが救われますから、依頼者の方は目に見えない徳(功徳:くどく)を積まれます。
 
【功徳】は、その方の「福禄寿」の袋に中に“徳の貯金”として蓄えられます。

そして願いを叶えるべきタイミングがくるまで、もしくはトラブルが迫っていて守られる時まで、しっかりとチャージされていて、有事の時にはさっと徳の貯金が引き出されてその身が守られたり、願いが叶ったりして、ご利益が目にみえる形であらわれます。
 
また徳の貯蓄が増えるほど、もたらされるご利益もそれだけ大きくなるのです:.。*.・゚
 
 

 
 
 

護摩供とは人の願いを天に届ける神聖な儀式
 

師にめぐり会い、護摩木・護符を使う究極の運気好転法のことを知ってから、表には出していませんでしたが、ヒーリングの中でこれらを最大限活用してきました。
 

ご縁をいただく方の願い事をかいた護摩木や護符は、護摩祈祷を行っています。
「護摩」とは「焚き上げる(焼く)」という意味があります。

古代から、人は神に祈りをささげる時に、上へ上へと昇る炎や煙が、その祈りや願いを天に届けると考えていました。
 

護摩とは、人の願いを天に届ける神聖な儀式で、護摩木や護符は、護摩の炎の燃料となりますが、これは霊への【供物:くもつ】として焚きあげられます。
 

護摩供によって、護摩木や護符は人と霊を仲立ちする媒介となり、霊は護摩木や護符に書かれた願いをかなえるために働き、救いがうまれます。
 

護摩木や護符は、親神さまの命(天の命令)によって、すべての人霊を救う目的で降ろされましたから、人と霊が共に徳を積め、願いを叶える道筋を開いていただけます。
 

そしてご先祖さまや守護神、土地の神様といったすべての霊との絆を結び、より深く天と通じることで 願いが叶いやすい体質を手に入れて、強い運気を手にすることができるのです.。*.・゚
 

なかなか解決しない問題を抱えてお悩みの方や、叶えたい願いがある方は、すばらしいご利益をいただける最高の運気好転法によってお力になれれば幸いです:.。*.・゚
 
 

 
 
 

謹賀新年/龍神さまの働き 和修吉(わしゅきつ)龍王さまのお言葉

2019年1月7日

明けましておめでとうございます。
昨年もたくさんの方にご縁をいただいて感謝しております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします:.。*.・゚
 
 

 
 
 
私がヒーリングを学んでいる師は、霊格の高い神々と直接交信する方法をお持ちです
師が、八大龍王さまの中の【和修吉(わしゅきつ)龍王様】の言葉を降ろされた内容がとても深かったのでご紹介します:.。*.・゚
 
八大龍王さまは、天界において最も高位の龍神で、すべての龍の霊神(龍蛇系)の長です。大自然から私たちの生活を守護されています。
 

古典で使われるような表現(○○にあらず ~すべしetc)で語られますが、そのままご紹介すると読み辛いので、現代の言葉に変えています。
 
下記は和修吉龍王さまの言葉になります。
 
 

 
 
✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
 
【大いなる和と中心をよく悟りなさい】

 
大地には、植物や森林のみが存在するのではありません。
必ず、大地を保つための磁気的なものがあります。
 
地中には地下水と、人智では測りがたい地脈があります。
 
大自然の破壊は、それらの地脈さえ分断します。
地表面を削り、生活の場所を創り上げるのも、逆に人間が得るべき大切なものを失うものです。大地には精気、精霊が宿っていますが、人はそれも同時に失うのです。
 
地脈が傷つけば大地震になり、気流が狂えば大洪水、大寒波、大干ばつとなります。
 
諸大龍王は気象の間に実在し、五十風雨を調整する天識があります。
この国に必要な雨風すべてを天は知り、それを与えようとしています。
 
しかし、無知のためか大胆なのか、人間は目先の利益に奔走し、子々孫々のことまで考えません。このような思いは必ず天罰のごとく、人類の前に大きな試練として現れるのです。
 
 

 
 
 
龍と言えば水であるが、水の徳に徹するべきです。
 
「方円に従う」という言葉は、誰もがよく知っていることです。
(美保まり注釈:方円(ほうえん)とは四角と丸のこと。「水は方円の器にしたがう」という故事は、水は器の形通りになることから、転じて、人は友だちや環境によって善悪いずれにも感化されることを意味します)
 
 

本日は別の角度から表現をします。
 
水は常に球体を維持しようとします。
球とは、円を回転させたもの。
 
つまり、無限の小さな和が連なってできたもの。
宇宙の星も、天からくだる雨もみな、球を維持しようとします。
 
水を問わず、すべての物体は本質的に球になろうとする。
これは、個々人は○(ワ)であっても、球のように みな結束できる。
またしなければならない。その教訓なのです。

 

宇宙の鉄則が球を理想形態とするならば、人も霊も 完全な和球の形態で結びつき、組織もそう作られなければなりません。
 
八大龍王・諸大龍王、みな球形に結束し、球形の地球の気象の管理を行っているのです。
 
地球は、球という塊の上に世界をのせ、また人々をのせている。
宇宙も同じく球形の閉じた空間です。
親神の存在する永遠の極楽世界の中に、球形のごとく存在しています。

 

和は理想的です。
球は和の団結なのです。
 
一つ一つの輪は単に結束して、球にはなりません。
必ず一つの中心を守り、美しい形、正しい球になります。
 
それは天命(特別な天の仕組み)なのです。
この宇宙においては親神
 
この大いなる和と中心をよく悟ってください

 

 
✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
 
 
 

和修吉龍王さまのお言葉はとても深いですね:.。*.・゚

「すべての物体は本質的に球になろうとする」という言葉は、シンプルながらハッとさせられました。私たちが目指すものは、常に身近なもので示されているのですね。
 
 
龍神さまについても、少しご説明します。
 
龍神さまとは最上級の神霊で、強大なお力を持っています。
とくに、人の生活に密着した自然神と言えば、龍神と言ってもいいくらいで、水神、山神、海神、農神、空神と姿を変えて、人々の暮らしを守護してくださっています。

 
 
水を司る龍神は、地球上のいたるところにある、水を介して、どこにでも現れ妙力を発揮されます。

冬の間は山に居り、春になると、雪どけの水に乗って、里に下りて田の神として農業を見守ってくださるのです:.。*.・゚
 
 

 
 
私がお送りしているヒーリングの中には、師が神々から降ろされた本物の先祖供養と因縁解消の方法が含まれています。
 
霊を慰めるのではなく、確実に救うことができれば(=救霊) 救われた霊は 子孫のしあわせのために、必ず恩返しをしてくださいます。
 

ですので、【救霊】は依頼者のご家族みなさまのお幸せに直結してゆきます。
セッションをご依頼くださることがすなわち、一族の【救霊】に繋がります。
 
 
ヒーリングの中で護摩木・護符を使用することで、龍神さまや様々な霊神が働かれます
 
龍神さまは、配下にたくさんの動物霊、下層霊、精霊を従え、土地と一体になって 私たちの衣食住が困らないように見守ってくださる、生活に密着した霊団です。
 

そして、多くの霊界の存在が、依頼者の願いを叶えるためにご尽力くださいます。
 

今年もヒーリングを通じて、ご縁をいただく方のご先祖さまをご供養(救霊)し、人の力では解消しがたい因縁を、護摩木・護符を使って解消させていただき、幸せなご家庭が増えていかれますように、精一杯お手伝いいたしますね:.。*.・゚
 
 

 
 
 

末世にふき出す災いを解消するには/悪運消滅のカギは因縁解消

2018年10月29日

今日は因縁のこわさについて、ご紹介します.:。*.*・°
 
私自身もこれまでの人生の中で、因縁の影響を色濃く受けてきたので、師から教わった因縁の恐ろしさは、自分の体験と照らしあわせると、うなずくことばかりでした。
 
 

 
 
 
これまでブログやメールマガジンの内容で、人をこわがらせるような話はしたことがありません。
 
けれども原因がわからず、様々な問題で長年お困りの方が「もしかすると因縁が原因かもしれない」と気づかれて、その解決方法もすでにあることを知り 希望につながるならば、これまで避けていた話題も、お伝えしていく必要があるのでしょう。
 

霊格の高い神々と直接交信をされる師が教えてくださった内容を、極力わかりやすくかみくだいてお伝えしますね.:。*.*・°
 
 
 
 
過去からの取り立てとは
 
過去世の自分や家系の者たちが受けた恨みや念は、「かたきを取られる」「借りを取り立てられる」までそう簡単に消えません。
 
こうした恨みを持った霊たちの念は、かたきを取るために、様々な障害や災難として身にふりかかってきます

 
 
それは、例えば事故やケガ、事件、暴力や盗難にあう、病気、偏頭痛や夢見が悪い、自殺願望、心身の不調、結婚の破綻、ものごとがうまくいかない、自分の気持ちが攻撃的になる、生活が乱れる、人との関係が悪化するなど多岐にわたります。
 
今は仏教でいう“末世”にあたり取り立てが特に厳しくなる時期です。
 
 

 
 
 
恨みの念は性格を変える
 
恨みを持った霊の念が働くと、私たちの心や頭の中に入りこんで錯乱させるので、性格がガラリと変わったり、まちがった判断やマイナス思考、かたよった思想、興奮状態と落ちこみが交互におとずれたり、ひどい場合は精神に異常をきたす場合もあります。
 
その結果、人とのつながりを途絶えさせ、不健康な生活習慣をつくりだし、エスカレートすると、本来の自分を取りもどすことが難しくなります。
 
また、恨みを持つ霊の念を受けると、気力、活気、精気を奪い、疲労を感じやすくなります。
 
 
 
 
家庭不和を起こし家運を落とす
 
報いを受けるのは、本人だけではなく、家庭内不和や家運を落とさせるなど、家族や縁のある人にも様々な影響をおよぼします。
 
恨みの念を受けると陰気になり、霊界の干渉を受けやすくなり、怪奇な現象に遭遇する場合もあります。
 
また恨みを持った霊は、因果応報で報いを受けさせるために、借金は借金で、命は命でつぐなわせようとします。
 
恨みがあまりにも強く、積年の恨みをはらそうとする場合は、前ぶれもなく命をうばったり、一夜で財産を失わせるなど、重大な事件を引き起こします。
 
 

 
 
 
護摩木・護符による因縁解消で大難を小難へ
 
悪因縁の清算は今、一人の例外もなく、私たち個々人にも起きています。
とくに今は“末世”の大精算の時運で、一人一人が背負う悪因縁によって、恨みを晴らそうとする霊の動きも激しくなっています。

 
 
今、様々な問題に直面している人は、問題を未然にふせぎ、恨みの念を持った霊の影響を最小限にするためにも、因縁解消に力を入れ、恨みの負のエネルギーをプラスに切り替えていくことが大切です。
 
因縁を解消する方法として、神々から護摩木と護符が降ろされました。

これらを使って自分自身の因縁が解消されていくと、その背後の霊団の因縁解消につながります。これはご神仏が人間に下された使命でもあります。
 
 
因縁は、つい最近自分が作った浅いものもあれば、何代もさかのぼったご先祖さまから残っている深いもの、地域や民族で共有する因縁もあります。
 
因縁は地中で水脈に繋がる井戸のようになっているため、地道に続けていくことも大切です。そうすれば、その人自身が幸せになるだけでなく、一族や、ひいては広く世の中の浄化につながっていきます。
 
 

 
 
 
運命を転換する護摩木や護符
 
護摩木や護符は数十種類あり、ご相談に応じて最も多くの霊団が働いてくださる【】なものを使います。
 
使用する護摩木や護符は、一般的な神社にあるものとは性質が違い、人の根源にある解消しがたい因縁を解消し、運命そのものをよい方向に切り替え、霊団を動かす働きがあります。
 
 
ヒーリングをご依頼いただくと、たくさんの護摩木や護符を使いますから、霊性が整い、障りや災いが改善され、自分自身の霊力が拡大し、霊光という救いの光に満ちあふれ、受け手の方に関わる人や霊を導くことができます。
 

私たちの運命は人それぞれですが、それは因縁に左右されています。
つまり「運気向上」「幸せになる」とは、因縁の解消が絶対条件になります。

 
 
 
 
家系図を見て、わが家の深い因縁に気づく
 
2006年に神々と交信をされる師に出会うまで、わが家も親族も様々なトラブルに見舞われていました。
 
師に出会い、因縁解消と先祖供養をコツコツと続けるようになると、自分と家族の病気がなおり、トラブルは着実に収束してゆきました。
 
 
その後、父方の祖父から古い家系図を譲りうけたのですが、家系図をひもとくとトラブル続きだった理由が氷解しました。
 
戦国時代、遠いご先祖さまには軍功があり、戦いの歴史を繰り返している一族だったのです。人の命に関わるような重い因縁ですから、子孫がその報いを受けるのは当然すぎる結果だったのでしょう。
 
 

 
 
誰もが抱えきれないほどの因縁を持っています。
 
過去世からの自分の因縁だけではなく、今世で生み出してしまった悪因縁、両親や先祖、兄弟姉妹、知人から受ける因縁、また生まれた時に縁を結んだ土地や現在住んでいる土地、地域全体に根ざした因縁などを宿業として持っています。
 
 
今は因縁清算の時運にはいっているので、様々な因縁が噴き出し、トラブルを体験をされている方も多いと思います。
 
けれども師はたとえ因縁が噴きだしたとしても、何も恐れることはありません。確実に清算できる千載一遇の好機とも言えるのですと教えてくださいました。
 
 

 
 
ヒーリングをご依頼いただくと、代理で護摩木や護符などを書かせていただき、人の力では解消しがたい因縁を浄化し、問題の根本原因を取り除いてゆきます。
 
ヒーリングを受けていただきながら、恨みを持つ霊に対して、自分の前世や一族が犯した罪を心からお詫びし、許しをこう気持ちを込めると、因縁は着実に解消に向かい、さらに大きな効果を得ることができます。
 
 
因縁解消によって、依頼者の方だけではなく、一族の罪が解消されてゆくため、依頼者の方は大きな【陰徳】を積まれます。
 
陰徳とは、人に知られることのない徳で、目立つことのないよい行いです。
陰徳を積み重ねることで、一族にのしかかる災いを幸福に変えることができます。
 
 

 
 
サイトに掲載しているすべてのヒーリングの中に、因縁解消と先祖供養の作用が含まれますから、どのセッションを受けてくださっても、因縁解消の対応が可能です。

☆公式サイトはこちら
 

ただご相談をいただく方の中には、明らかに重い因縁をお持ちで、通常のヒーリングだけでは対処が難しいと感じる方もいらっしゃいます。
 
その場合は、サイトには掲載していませんが、より深い因縁を解消するためのQOLヒーリング(R)を個別にご案内して、すでに複数名の方が受けてくださっています。
 
QOLヒーリング(R)は、他のヒーリングでは使用していない【御柱】と呼ばれる強力なツールを使用して、より深い因縁を浄化し、問題解決と願望成就のお手伝いをしています。
 

深い因縁の解消にはお時間がかかりますから、QOLヒーリング(R)は短期間のヒーリングはなく、1年間受けていただくヒーリングです。足かせとなる重い因縁が浄化されれば、願望成就のスピードも格段に早くなります。
 

スピリチュアルライフ研究所では、あらゆる問題解決の方法を持っていますから、お困りのことがありましたら、いつでもご遠慮なくご相談ください.:。*.*・°°
(※スピリチュアルライフ研究所は宗教とは関係がなく、勧誘等も一切行っておりません)
 
 

 
 
 

30本の木の伐採(抜根)費用とお祓い方法/精霊供養

2018年3月29日

庭木伐採の決断に至るまで
 
亡くなった父が庭木好きで、狭い庭にも関わらず、たくさんの木々が植えられています。
父が元気なころは、父は四六時中庭に出て手入れをしていましたから、庭木がキレイに保たれていました。
 
ところが父が亡くなってからは、仕事を持つシングルマザーの身では、庭木の手入れまで手が回りませんから、シルバー人材センターの方などにお願いしながら管理してきました。
 
けれども30本のカイヅカイブキは年々成長してかなりの大木になり、手に余るようになってきました。
 
 

 
 
庭木はこまめに手入れしなければ景観も悪くなるので、天国の父は残念がるでしょうけれど、もうそろそろ何とかしなくてはいけない・・・と数年前から考えていました。
 
同級生の友人とたまたま話していた時に、友人は共働きの家庭で庭木の手入れができなくなり「庭木は全部抜いたのよ・・・」と話しているのを聞いて、私も木々には申し訳ないけれど、もう決断の時だなと感じました。
 
 
 
 
庭木伐採時のご供養法について
 
今回は、自分たちで管理できる低木はすべて残して、大きくなりすぎたカイヅカイブキのみ、思い切って造園業の方に伐採していただくことに決めました。
 
その時気になったのは、木にも命が宿っていますから、どのようにご供養すればよいのだろうということでした。ですから、ヒーリングの師に教えてもらい、護符と聖水を用いた方法で精霊供養を行いました。
 
 
伐採作業は、本来は昨年1月にしてもらう予定でしたが、造園業さんの都合で1年間の延期となりました。ですから、実質1年以上かけて精霊供養をしたことになります。今思えばそれも良かったかもしれません。
 
※精霊供養をご希望の方は、ヒーリングでも対応が可能です。
ご心配な方はこちらまでご相談ください。
 
 

 
 
 
庭木30本の伐採料金
 
次に懸念だったのは、30本の伐採にいくらかかるのだろう?ということでした。
 
木はただ切り倒すだけならば比較的料金は安いのですが、根を地中に残すと白アリが発生するリスクがあるそうです。わが家の場合は30本と本数も多く、家に被害が及ばないように、根まで掘り起こす【抜根】でお願いしました。
 
 
3社に相見積もりしてもらうと、どこともに平均して50万円ほどでした。
大きな出費となりますが、背に腹はかえられませんからこの料金でお願いをしました。
 
ところが運が良いことに、お願いした近所の造園業さんが精算時に「伐採した木の廃棄量が、見積もりを出した時はトラック2台分を予定していましたが、ギリギリ1台で収まりました」とのことで、半額の25万という神対応をしてくださいました。
 
こちらから一切値切っていないので、これも何らかの導きが入ったのかもしれません。
本当にありがたかったです。

 
木の伐採作業自体は、丸三日かかりました。
抜根は手作業ですから、かなりの重労働です。
職人さんが2~3名で作業してくださり、トラブルもなく無事に完了しました。
 
 

 
 
 
思い切って伐採を決断して正解でした
 
すべての行程が終わってみると、庭に日の光がさんさんと降り注ぐようになり、狭い庭にギュギュウ詰めだった木々は、もしかしたら苦しかったのではないか?と感じるほどで、気の流れも一気によくなったように感じました。
 
今回、思い切って決断して本当によかったです。
 
 
ご近所の方はわが家の大胆な伐採に驚かれたようで、反応はまちまちでした。造園業の方は「最近、庭木を抜いてほしいという依頼が増えているんですよ」とおっしゃっていましたから、これも時代の流れなのでしょうね.。*.・゚
 
 

 
 
 
庭木を植える時は、次の世代のことも考えた計画的植樹を
 
改めて実感したのは、庭木を植える時には、先々子ども世代に譲っていくならば、植樹も計画的に・・・ということですね。
 
父は庭木が好きなので、次々と増やしてしまっていました。
 
父が元気な頃は、はしごに登ってカイヅカイブキの手入れをしていましたが、高齢になれば危険が伴います。実際に何度かケガもありました。
 
ですので、わが家は今後 すべての木々を はしごが不要な低木に保ち、大きくなりすぎないように気をつけながら大切に手入れしていこうと思います:.。*.・゚
 
 

 
 
 
精霊供養とは
 
今日は精霊についての話題が出たので、精霊についてヒーリングの師から教えてもらった情報をご紹介します:.。*.・゚
 
ヒーリングの師は、170年以上の歴史がある神々と交信法をお持ちです。
この交信法は聖人から聖人に引き継がれたもので、最新の霊界情報となります。

 
これまで、これらの情報はほとんど封印してお伝えすることはありませんでした。
わが家は霊界の情報に随分助けられてきたのですが、まだ時期が早く、それらをお伝えする勇気がありませんでした。
 
昨年10月に神々が霊界の情報を世の中に伝えてほしいと望まれていることを知り、今後少しずつご紹介できればと思っています。
 
霊界の情報にも波動の低いもの、高いもの色々ありますが、師の情報は霊格の高い神々から降ろされた内容になりますから、ご安心ください。
 
 

 
 
 
下記にご紹介する内容は、神々との交信で明かされた精霊の働きになります。
 
精霊とはありとあらゆるものに宿る「エネルギー」のようなもので、常に私たちの身近にあって、私たちを支え、活力を与え、影響を与えて、生命や生活に大きく関わっている存在になります。
 
この精霊をできるだけ純粋な状態で正しく動かし、とりこむことが、心身の健康や厄除け、幸福の鍵となります。
 
 
私たちは「お米を大事にしなさい」と子どもの頃に教育されますが、それはただもったいないというだけではありません。

精霊を体に取り込むことなく、余ったお米を食べずに捨ててしまえば、この米に宿る精霊が役割を果たせず、かわいそう思いをするからなのだそうです。
 
 
「精霊」は山奥や花畑にだけにいるものではなく、私たちの生命や衣食住を支えてくれている存在です。

また精霊はとても純粋な存在で「意識」がなく、ひとりでに動くことはありません。
 
ですから人に何らかの「考え」が生まれると、実際の行動をしなくても、その思いだけで精霊を動かしてしまいます。人の思いや使い方によって良いようにも悪いようにも変わるものなのです。
 
 
例えば、同じ材料で工程が同じでも、心をこめて作る料理と、嫌だなと思って作る料理では味が違い、その後の発酵や腐敗の進み具合も違ってきます。
それは、人の思いが素材や調理に使う火や水の精霊に直接影響を与えるからなのだそうです。
 
食べ物をいただく時は、精霊の力が強い旬のもの、自然に近い食べ物をいただくことが大切になります。
 
 
また、悪い思いや悪口も、家や服、身の回りの物に宿る精霊に影響を与えますから、よい言葉、明るい言葉を日頃から使うことで、精霊もイキイキと働き出します。
 
 

 
 
 
また、師からお伺いして、気をつけなければいけないなと思ったことがあります。
 
それは私たちが発するマイナスの想念によって、いったん悪い方向に働き出した精霊の力を鎮めることは、人の力では難しくなるため、私たちの日頃の行いの積み重ねが大切になるそうです。
 
 
天地が創られ、この世に降ろされた人々の心は、最初はみな純粋で美しいものでした。
そして精霊界も正しく動き、世界は陽の気にあふれていたのです。
 
時代が進むにつれて、人々の心は徐々に汚れてゆき、悪い思いや欲を持つようになり、精霊界にもひずみが生じてきました。
 
ひずみは調和を壊しますから、凶運や厄となり、不運や事故を引き起こします。
それがさらに集まれば、社会や地球規模の災害に至るそうです。
 
規模の大小はあれ、災いのもとをたどれば、一人一人の心から発するものですから、悪想念や自分さえよければ・・・という思いが、いかに周りへの悪影響を及ぼすのかということがよくわかります。
 
 
もしもご自分でコントロールできないような状況になっている場合は、しっかりと厄を浄化していく必要があります。ヒーリングでは護摩木や護符を使って、人の力では取り除けない厄を落としてゆきますから、転ばぬ先の杖となり、依頼者の方やご家族を守る心強いお守りとなります
 
◆最新のヒーリング体験談はこちら
◆お悩み別の体験談はこちら
 
 

 
 
 
霊的なことは目には見えませんが、厳然として存在しています。
そんなことは迷信と無視しても、日々の暮らしの中で様々な影響を受けているものです。
 
それならばそれらを逆手にとって、だまされたつもりでも、一度霊界の情報を素直に信じて実践されたほうが、よりスピーディーに幸運がもたらされるでしょう:.。*.・゚
 
 
私自身は、2006年から師について学んできましたが、霊界の情報を知っていて本当によかった・・・と何度も胸をなで下ろしたことがあります。
 
 
日々の暮らしに役立つ霊界情報を、いち早くメールマガジンでご紹介しますから、ぜひ無料メルマガにもご登録いただければ幸いです(ご自身でいつでも簡単に解除が可能です)
 
無料メールマガジン『強運の女神に愛される!開運ナビゲーション』を試されたい方はこちら
 
 

 
 
 

どうしても治らないウィークポイントには深い意味がある

2018年2月28日

どうしても治らないウィークポイントの理由
 
小学生の頃 私は身長があったので、体育の先生からなかば強引にスポーツ少年団に入るようにすすめられました。小学4年生から、ソフトボール、水泳、陸上部と3つをかけもちして3年間続けたので、驚くほど運動能力が伸び、自他共に認めるぴかぴかの健康優良児でした。
 
 
 

 
 
ところが中学生になってから、小学生の時の運動三昧の反動で文化部に入り、同時に食事の変化やストレスなどが重なり、過敏性腸症候群になり一気に体調が悪化。
 
また離婚してからは過労から、様々な病気や体調不良を経験しました。ところがその都度、奇跡的に必要な情報や人が集まりすべて完治しました
 
それでも私の体調面での唯一のウィークポイントは胃腸で、中学生の時に壊した胃腸のダメージが尾を引いていました。
 
ヒーリングを通じて霊団のみなさまが、あらゆる願いを叶えてくださったのに、どうして胃腸だけは強くならないんだろう?・・・と不思議に思っていました
 
 

 
 
 
先日、ひらめきのような形で言葉が降りてきました。
 
それは「胃腸が弱いことで、あなたを守っていた」というインスピレーションでした。
なるほど・・・そういうことだったのか・・・ ようやく長年の謎が解けました。
 
私はHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)的な、やや感受性の強い部分を持っています。師に出会う前は霊障の影響も受けやすく、この資質は 私がスピリチュアルな世界に興味を持つためには必要不可欠なものでした。
 
けれどもシングルマザーとして家計を支えるために、私が今の自営業ではなく、もしも外でずっと働いていたら、プレッシャーやストレスでつぶれていた可能性もあったようです。胃腸を弱くすることで、外では働き辛いシナリオになっていたのでしょうね。
 
 
それまでは「私の胃腸が弱いのは、外で働かないようにして、天職であるヒーリングを長く続けさせることが目的じゃないか?」と思っていました。でも実は、その先にある会社勤めで起こり得るであろう大きなトラブルを回避してくれていたとは・・・
 
「胃腸が弱いからこそ、今まで大難が小難に守られていたんだ!」
目からウロコが落ちました。人生、ほんと何が幸いするかわかりませんね。
 
 

 
 
 
自営業は必ず波がありますから、過去に何度か「この状態が続けば、職安に行かなくてはいけないかも・・・」と思うピンチがありました。
 
けれども、子どもの成長をそばで見ていたいという願いと、胃腸があまり丈夫ではないことが強力なストッパーになって、ふんばり続けることができました。
 
 
この2つの要素がなければ、個人事業が危機の時に耐えきれず、きっと会社員に戻っていたでしょう。そして感受性が強いので、長く会社員を続けていればいずれ心身を壊して、家計を支えることができなくなるという最悪の事態に陥っていたのかもしれません・・・。
 
 
 
 
すごい漢方薬局との出会い
 
そんな折、ふとあるキーワードが浮かんできてインターネットで検索すると、お隣の県の漢方薬局がヒットして、直感的にぴんとくるものがありお電話をしました。
 
店主の方はどんなお顔かはわからないですが、声を聞いただけで、何十年も前から知っている方であるかのような安心感を覚えました
 
そして「胃腸だけが弱くて困っているんです・・・」と話すと、私の性格や体格、体調を詳しくヒアリングされて、私の気質と体質にあった漢方を処方して2週間分送ってくださることになりました。

 

 
 
 
電話を切って、その店主さんの温かさは過去に感じたことがないようなものだったので、不思議に思ってブログを拝見していると、思わず噴き出すほど面白いブログなんです。ユーモアセンス抜群で、でも決して軽いわけではなくて、とても信仰深い方であることがわかりました。
 
ずっと読んでいくと、人を救いたいという思いがひしひしと伝わってくる内容で、お客さまに一対一で何十年も向き合い、漢方処方一筋に、大勢の方を完治に導いてこられたすばらしい方でした。
 
 
店主の方が私のために処方してくださった漢方が届きましたが、その中にお手紙が入っていました。
 
「僕は、以下のポイントであなたを改善したいと思います」ということで、店主の方が私の体調にあわせて、今回、何に重点を置いて漢方を処方されたのかが詳しく書かれていて感激しました。
 
気長に取り組んでいくつもりですが、この店主さんを信頼してついていけば、一生仲よくすると思っていた胃腸の弱さとさよならできるかもしれません:.。*.・゚
 
 
 
 
すばらしい情報に出会ってもピンとこない理由は
 
これまでにも胃腸に関する情報は色々調べていたので、数年前にこの店主さんのサイトを見た覚えがあります。でもその時には、体験談を読んだにもかかわらず、なぜか【ピンとこなかった】のです。
 
すごい体験談が載っているのに、なんでスルーしてしまったんだろう?

 
 
この【ピンとこない】ところがミソで、まだ治ってはいけない理由があって【ピンとこないようにさせられていた!?】としたら、それもすごいことだなと思います。
 
 
なんでそんなことを思ったかと言うと、 ヒーリングの師は霊格の高い神々と交信をされる方で、師が 以前こんなことをおっしゃっていたからです。
 
「とてもよい情報に出会っているのに【ピンとこない】場合は、霊的なことが作用しているケースがある」
 
もしかすると、その時はまだ時期が早く、胃腸が治ってしまうと 反対に会社勤めによるリスクを抱える可能性もあって、興味を持たないように根回しされたのかもしれません(笑)
 
 
 

 
 
 
 
あなたのウィークポイントこそが、あなたを守る武器なのかもしれない
 
私たちの人生は、自分の意志と神々の意志の両輪が働いていますから、自分の抱えている弱みや病気、性格etc・・・もすべては深い意味があって与えられているものなのでしょうね。
 
ありがたいことに 今は外に出かけなくても自宅にいながらセミナー受講もできますし、買い物もできますから、ほとんどのことがインターネットで完結してしまいます。
 
私も多少胃腸が弱くても、自宅で仕事していると不便に感じることは何一つありません。
 
 
今の時代は、育児や介護、心の病やご病気などで、家から出づらい事情を抱える方も多いと思いますから、様々な生き方の選択肢があることはすごいことだと思います。
 
 
様々なご事情で ご自宅にいてすばらしい才能を眠らせている方もいらっしゃると思いますが、今後それらを生かすサービスもさらに生まれてくるのでしょう。

ですから今、自分が弱みだと思っているものが、いずれ強みに変わる日がきっと訪れるはず。
 

私は内気な性格だったので、一人本を読んでいるほうが落ち着くので、中学生の頃から本ばかり読んでいましたが、それが今の仕事に大いに役立っている不思議を感じます。
 

どうしても治らないもの、もしくは変えられない事情を抱える方は、もしかするとそれこそが自分の強みでもあり、今世を生き抜くために、自分を守る“武器”なのかもしれません。
 
 

 
 

 
 
 

初めてお越しの方へ

お問い合わせ

ブログ:美保まりのスピリチュアルギフト

カテゴリ

アーカイブ

セッションメニュー

お得な割引システム

アフターフォロー制度

よくあるご質問Q&A

セラピスト紹介

体験談

料金表

お申し込み

お問い合わせ

無料メールマガジン

リンク

モバイルサイト

スピリチュアルライフ研究所

対応エリア

日本全国、また海外在住の日本人の方にもお送りしています(対面でのヒーリングと効果は全く変わりません)

  • 北海道
    札幌市 など
  • 東北
    青森県、岩手県、宮城県(仙台市 など)、秋田県、山形県、福島県
  • 関東
    茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県(さいたま市 など)、千葉県、東京都(板橋区、大田区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、世田谷区、豊島区、中野区、練馬区、港区、目黒区、 中央区、千代田区、文京区、台東区、墨田区、江東区、北区、荒川区、足立区、葛飾区 江戸川区 など)、神奈川県(川崎市、横浜市 など)
  • 北陸
    新潟県、富山県、石川県、福井県
  • 中部
    山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋市 など)、三重県
  • 近畿
    滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸市 など)、奈良県、和歌山県
  • 中国
    鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  • 四国
    徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • 九州
    福岡県(福岡市 など)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇市 など)

PayPal
ペイパル決済に対応

twitter

mixi

facebook

ヒーリング用語辞典

今日のマヤカレンダー

考え方セラピー

おすすめBook

   あなたの願望・お悩みを遠慮なくお伝えください。幸せな人生を送るお手伝いをさせていただきます。